ものづくり都市・川口の伝統と信頼の証 川口i-mono(いいもの)・i-waza(いいわざ) ブランド認定制度

ものづくり都市・川口の伝統と信頼の証

 川口市はものづくり(工業)を基幹産業とし、その成長を背景に商業、流通、緑化など多種多様な産業集積が形成されております。産業の発展は、経済活動のみならず、都市基盤整備、文化創造など地域社会の形成にも大きく貢献しており、今日の都市力の礎と言えます。
 本商工会議所は“ものづくりから始まる元気の連鎖”を基本方針とし、その最重点事業の一つとして『川口i-mono(いいもの)・川口i-waza(いいわざ)ブランド認定制度』を運営しております。
 この制度は、本市の優れた製品や技術を「ものづくり都市・川口の信頼と伝統の証」としてブランド認定し、高い技術や技能、ノウハウなどの魅力を全国に発信しながら、認定企業の販路開拓・拡大に貢献するとともに、川口市のイメージアップを目的とするものでございます。平成21年度からスタートしたこの制度も10年という節目の年を経過し、本年度新たに認定した6製品、6技術によって、計81ブランドを認定するに至っております。
 地域の製造業を取り巻く環境は、操業環境の悪化や労働力不足、原材料価格の高騰などによりたいへん厳しい状況が続いております。行政機関をはじめ、金融機関、業種団体などの皆様と引き続き緊密な連携を図りながら、さらなる制度の充実と本市産業の活性化に取り組んで参ります。
 今後とも皆様方のご支援ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

川口商工会議所 会頭 児玉洋介


世界に誇る「川口ブランド」

 本市は、多様な製品、技術が集積する国内有数の中小企業都市として発展を続けており、現在では医療・福祉・サービスの分野においても本市産業は広がりを見せております。平成21年度から川口商工会議所が認定している「川口i-monoブランド」「川口i-wazaブランド」は、「川口の元気」の源として、今もなお本市の発展を支える原動力となっています。
 本市では、これら世界に誇る川口ブランドを“知ろう・使おう・広げよう”をテーマに、平成27年度より毎年開催している市産品フェアにおいて、広く市内外にPRしております。
 今後も、川口商工会議所及び中小企業の皆様と連携して、世界に誇れる川口の製品や技術を積極的にPRし、国内に限らず海外への販路拡大など、市内中小企業の振興と地域経済の活性化に向け全力で取り組んで参りますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

川口市長 奥ノ木信夫