白鳥屋酒店
ホーム
お店情報
おすすめ情報
商品情報
お問合わせ
おすすめ情報
☆「獺祭」の在庫について
酒米の最高峰と言われる「山田錦」のみを使い仕込んだ日本酒「獺祭」が、お陰様で大変なご好評を頂いております。昨年の10月から新蔵も稼働し始めておりますが、まだまだ皆様のご要望にお応えするだけの入荷に至っておりません。当店は、「獺祭」の全商品が入荷する特約店ですので、殆どの商品は扱っておりますが、時には一部の商品を切らす事もございます。ご来店の際は、ぜひお問い合わせの上お越しください。

☆注目蔵元☆
※富美菊酒造さん 富山県
日本酒「羽根屋」を立ち上げ、近年とても人気の高いお蔵さんです。
嫌味のない香りと穏やかな味わいは、よく日本酒をお飲みになる方は勿論、普段日本酒をあまりお飲みにならない方にもお勧めです。
ぜひ一度お試し下さい。

※陶器は焼酎・泡盛を熟成させ、遠赤外線も出ると言われています
色々使って、マイルドな焼酎を飲むために一工夫してみませんか?
焼酎は本来、気軽な酒。自分流に自分好みの味を作って楽しみましょう!!
ブログ『旨い酒に出会おう』 更新日 2022年06月05日
ブログ『旨い酒に出会おう』 新製品のご案内、イベントのご案内、その他、お酒の事について、いろいろと感じた事を書いています。
下記のURLからお進み下さい。また、ご意見・ご要望などは、ブログの「コメント」へお願いいたします。
店内改装しました。令和3年9月
関連URL http://oisiisake.blog119.fc2.com/
クラフトビール【川口エール ぼうふう】 更新日 2022年06月05日
「川口エール ぼうふう」は、当店が独自に考えたオリジナルビール「地ビール」→「自ビール」です。
川口市には、昔より伝統野菜「浜 防風」があります。川口市木曽呂での生産は、京浜地区での95%のシェアを持っています。刺身のつまに使われるせり科の多年草で、葉は濃緑、茎はすらっとしていて紅紫色で、香りを放つ野菜です。
宮中の晩餐会、高級料亭などの日本料理には必ずといっていいほど使われています。
この川口市の伝統野菜の「ぼうふう」を使い「川口エール ぼうふう」を造りました。川口市の唯一のオリジナルビールです。ぜひお試し下さい。
関連URL http://oisiisake.blog119.fc2.com/blog-entry-1183.html
【花邑】両関酒造 更新日 2022年06月05日
【花邑】両関酒造 『花邑 純米吟醸 雄町』
『花邑 純米吟醸 出羽燦々 生』
『浜村 純米吟醸 酒未来 生』
『花邑 純米 陸羽田』が、限定入荷しました。
※在庫は常に変動いたします。
お問い合わせ下さい。

老舗の歴史ある酒蔵が、酒米や酵母や、造りなど全ての面で新しい試みでチャレンジした日本酒のご案内です。

秋田県の両関酒造が、十四代の銘柄でお馴染みの高木酒造から酒米の選別から最後の搾りまで、酒造りのすべてにおいて監修して頂いた酒です。

お蔭様で、この【花邑】シリーズも全国からお問い合わせを頂戴するようになりました。

※『花邑』は、両関酒造さんが指定した酒販店でのみ販売される限定品となります。
山根酒造場【日置桜】 更新日 2022年06月05日
山根酒造場【日置桜】 明治20年創業の鳥取県にある「日置桜」の蔵元さんです。
「醸は農なり」。日置桜さんの酒造りは、常に農業の延長線上にあります。

よい酒を造るには、良い酒米が必要です。良い酒米を手に入れるため、地元の農家さんの協力の下、完全契約栽培で低農薬、低肥料を実践しています。

あまりにも長い丈の為、栽培が難しく一度は姿を消してしまった酒米「強力」を僅か一握りだけ保管されていたのを鳥取大学農学部に見つけました。
熱心な篤農家の協力もありついに現代に蘇りました。
「強力」の持つ圧倒的なポテンシャルと篤農家の情熱、蔵元の熱意が造るこの酒は、実に奥行きと幅のある味わいに仕上がりました。

写真は、向かって左側が県内屈指の篤農家『内田百種園』の自然農法で栽培された【強力米】を使用した《鍛造生もと強力》です。
右側は、《先祖返り強力》です。

なお、春、夏には生酒も少し出荷いたします。
関連URL http://www.hiokizakura.jp/
旭酒造【獺祭】 更新日 2022年06月05日
旭酒造【獺祭】 旭酒造さんは、おいしい酒・楽しむ酒・品質に拘った酒造りを目指す蔵元さんです。 その結果、蔵内平均精白41%、出荷量の全てが精白50%以下の純米大吟醸になりました。洗米一つをとっても、全て手洗いで吸水率をコントロール。「獺祭」の言葉の意味は、獺が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから名付けられました。
写真は、蔵の看板商品「遠心分離磨き 二割三分」です。因みに、23%まで磨くのに7日間×24時間、都合168時間と言う精米時間が掛かります。全ては、良い酒造りの為です。

この度、『新生獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分』と『新生獺祭 純米大吟醸磨き45』が、新しくリリースされました。
また、【獺祭 純米大吟醸 寒造早槽45】が入荷しました。
こちらは、10月から3月までの期間限定商品となります。
無くなり次第終了となります。
どうぞよろしくお願いします。
関連URL http://asahishuzo.ne.jp/
次の5件
Copyright