No.78 2004年4月号 Vol.365

双葉鋳造(株)(当時)内で撮られたひとこま

前の写真へ

次の写真へ

鋳物業が最盛期を迎えていた当時は、広い敷地で操業している工場も多くあった。しかし時代の流れとともに、工場はマンションや戸建住宅などに姿を変えていった。街の匂いや色も変わりつつあるようだ。

写真提供:稲川邦子氏 昭和18年頃
昭和10年頃

No.01 ~ No.10 No.11 ~ No.20 No.21 ~No.30 No.31~ No.40
No.41 ~ No.50 No.51 ~ No.60 No.61 ~ No.70 No.71 ~No.80
No.81 ~ No.90 No.91 ~No.100 No.101~No.110 No.111~No.120
No.121~No.130 No.131~No.140    

入会のご案内