No.56 2002年4月号 Vol.341

ハーレーダビットソンに乗る宮内新助さん

前の写真へ

次の写真へ

アメリカのオートバイメーカー「ハーレーダビットソン(H-D)」が誕生したのは1903年(明治36年)のこと。1909年にはH-Dを象徴する最初のVツインエンジンが発売された。

ハーレーが日本に輸入されたのは1913年(大正2年)から。

写真は後に機械工具商を営み、川口機械工具商業協同組合の前身「川口機工会」の初代会長を務めた宮内新助さんの若いころ。

「父が独立する前、稲垣兼吉商店に勤務していた時の写真です。営業や小物の配達に使っていたのですが、道も空いていたので未舗装でも整備された所では手放しで乗れたとのことです。でも、ちんどん屋を避けそこなってコケたこともあったと言ってました。(宮内豊太郎氏)」

エンブレムには「INAGAKI」とあり、ブーツにグローブ、ゴーグルなど整えている。

写真提供:宮内豊太郎氏  昭和8年

No.01 ~ No.10 No.11 ~ No.20 No.21 ~No.30 No.31~ No.40
No.41 ~ No.50 No.51 ~ No.60 No.61 ~ No.70 No.71 ~No.80
No.81 ~ No.90 No.91 ~No.100 No.101~No.110 No.111~No.120
No.121~No.130 No.131~No.140    

入会のご案内