No.30 1999年11月号 Vol.312

池田長藏商店(現・金長工業(株))

前の写真へ

次の写真へ

当時、川口の南平柳地区には10を超える味噌の醸造所があった。

写真は元郷の赤味噌醸造元。明治25年、それまでの織物業から味噌の醸造業に転業し、昭和43年まで麦麹で「麦味噌」を造り続けた。

直径が1.2メートルもある大きな鉄鍋で、石炭を燃料に原料の大豆を煮、できあがった味噌をくらで1年間ほど寝かせ、じっくり醸成してから出荷した。

煙突は、土管をいくつも積み重ねたもので、倒れないように鉄線が四方八方に張られている。写真の右から6人目が店主の池田長藏氏。

写真提供:池田國蔵氏 昭和10年ころ

No.01 ~ No.10 No.11 ~ No.20 No.21 ~No.30 No.31~ No.40
No.41 ~ No.50 No.51 ~ No.60 No.61 ~ No.70 No.71 ~No.80
No.81 ~ No.90 No.91 ~No.100 No.101~No.110 No.111~No.120
No.121~No.130 No.131~No.140    

入会のご案内