No.17 1998年10月号 Vol.299

西川口駅西口前

前の写真へ

次の写真へ

昭和29年9月の開設後、急激に開けた西川口駅西口周辺。当時は、まだ木造の店舗が数多く建ち並んでいる。

「子供のころだったが、蒸気機関車から出る白い煙が印象的でね。匂いも好きだった。ブリキのおもちゃから、本物を間近で見られたからでしょうか」(小野田芳雄氏)

「駅前で商売(中華店)を始めたのが昭和35年。駅を少し離れると、田圃が広がっていましたよ。蛙の声も聞こえて来たような気がします」(畠山寿氏)

写真提供:畠山寿氏 昭和35年ころ

No.01 ~ No.10 No.11 ~ No.20 No.21 ~No.30 No.31~ No.40
No.41 ~ No.50 No.51 ~ No.60 No.61 ~ No.70 No.71 ~No.80
No.81 ~ No.90 No.91 ~No.100 No.101~No.110 No.111~No.120
No.121~No.130 No.131~No.140    

入会のご案内