オンラインマガジン 2017年6月 Vol.523

2017年6月 Vol.523

川口商工会議所 会員情報誌『move(むうぶ)』から一部を掲載しています。

特集

入って安心、商工会議所の保険制度

―詳細はこちらからご覧くださいP3-5-

今月の表紙

株式会社カトー薬院

もっと、もっとできる。

2代目代表 加藤 種子 氏(左)
3代目代表 加藤 奈津子 氏(右)
川口市本町4-1-11
TEL:048-222-3314
FAX:048-222-3115
http://www.e-classa.net/katoyakuin/

川口駅のほど近く、本町4丁目のカトー薬院は、間もなく創業90年を迎える、いわゆる“街の薬局”だ。
3代続いているこの老舗が今、漢方の価値観をガラリと変えるユニークな取り組みに挑戦している。

今年4月、カトー薬院の店内には、処方箋用、相談用と並ぶ窓口の脇に小さなテーブル席が設けられた。
この特別のスペースが、お店の新たな価値の発信基地。
高価な印象のある漢方薬をリーズナブルにお試しできる、「KAMPO煎専堂(せんじどう)」の誕生だ。

「いわば“漢方カフェ”ですね。ハーブティーのように効能別の味や香りを気軽にお試しいただけます」
若者に漢方をもっと身近に感じてほしい。
3代目となる代表、加藤奈津子氏の、願いと熱意が垣間見える。

おもしろいことに、カトー薬院は、元来、漢方薬局ではなかったそうだ。
奈津子氏の母でもある前代表、加藤種子氏によると、創業当時は、雑貨や日用品も扱う“なんでも屋”のような形態であった。
それが、時代のニーズに合わせて相談薬局、調剤薬局と変遷してゆき、双方を併設する現在のスタイルにたどり着いたということだった。

柔軟性があったからこそ、90年も続けてこられた。
しかし、時勢がますます変貌するなか、これから先は「芯」なるものが求められるのではないだろうか。

そこで、奈津子氏の発案により、漢方の取り扱いにも力を注ぐことになったという。
それでも、一辺倒にはならないこと。
これまでのお客さまもこれからのお客さまも大切にできるバランスを考えている。

カトー薬院は、独創性を追求しながらも、
時代のニーズは見逃していない。高齢化が叫ばれる昨今、介護現場との連携と図り、訪問サービスを開始した。
地域商業の振興のため商工会議所が支援している「川口まちゼミ」にも参加しており、地域の声に耳を傾ける一方、自分たちがそれに応える準備があること、単純に“薬を買う場所”だけではないことを誠実にアピールし続けている。

老舗のあり方は難しい。でも、動かなければ、始まるものは、なにひとつ生まれない。
カトー薬院は100年目に向け、歩みを進める覚悟を決めた。


株式会社サンユー

扱うのは車でなく お客様との絆・信頼・感動

代表取締役社長 白石 大輔 氏(右)
取締役副社長 白石 和也 氏(左)
川口市南前川2-12-6
TEL:048-268-5622
FAX:048-261-5722
トラック市
川口市安行領根岸2270-1
(グリーンセンター前)
TEL:048-286-7707
http://www.sanyu.bz
http://www.truck-ichi.co.jp/

乗用車からトラック・特殊車輌まで

 私たちの生活に深く関係している自動車を、安全かつ快適に使用するためには整備が必要不可欠である。今号は、乗用車はもちろんのこと、トラック・特殊車輌の整備・点検を得意とする、南前川にある㈱サンユーにお話を伺った。

お客様のニーズを第一に、様々なサービスを提供

 「当社は、個人顧客様より法人顧客様が多く、トラックや商用車を多く取り扱っています。トラックの整備は、ひとつひとつの部品が乗用車と比べて大きく、かなりの重労働ですが、お客様の仕事には無くてはならないものなので、なるべく早く、仕事中に故障が起きないよう確実な整備を提供しています」
 昭和50年に先代社長、白石昇氏が川口市南前川で三友自動車㈱として設立。中古車センターや、ショールームを開設するなど、工夫をこらし、顧客開拓と事業展開をしてきた。平成3年に今の社名、㈱サンユーとなり、平成7年には商用車をメインに扱う「トラック市」の直営店第1号としてスタートした。
 当初は、トラックや商用車を扱う業者が少ない中でのスタートだったが、現在では全国規模の商用車フランチャイズチェーンに発展した。今までの個人の顧客を大切にしながらも、新たなターゲット先として、法人顧客の増加を目指した。若者の車離れが止まらず、乗用車の世帯保有率が減少傾向にある現代において、商用車をメインにしたこの判断は、まさに先見の明があったと言える。
 また平成28年9月に発足した、この『働く車の友の会』では、会員であるお客様同士の親睦を深める情報交換の場として、定例会を開催しているほか、何かトラブルがあった際には、弁護士や警察OBを筆頭に問題点をサポートする顧問グループを無料紹介してくれる。会員同士の取引の手伝いや、セミナーによる経営情報も提供するなど、車輌だけではなく、経営面においてもトータル的にバックアップし、好評を得ている。

お客様にとって頼れる友のような存在に

 「車輌はどこで買っても性能は一緒です。お客様に当社を選んでいただけるよう、車輌を販売するだけではなく、営業スタッフ、整備スタッフともに、長いお付き合いができるようしっかりサポートしています」
 三人の友で創業したから『サンユー』という社名のもと、人と人との繋がりを大切にし、顧客と友達のような関係づくりを心掛けていると言う。
 「お客様をトータルサポートしています。担当に電話してくれたら何でも対応します。困ったとき、相談したいときに、一番に頭に思い浮かべてくれるような、お客様にとって頼れる友になれたら幸いです」
 ㈱サンユーは、サンユーソフトボールリーグの主催、お客様による親睦会「友楽会」を発足するなど、お客様同士の友達づくりにも貢献している。まさに友の輪を広げる友のような存在だ。今後も更に友が増えるに違いない。

その他の掲載記事

今月の表紙:株式会社カトー薬院
【特集】
・入って安心、商工会議所の保険制度

【シリーズ】・言葉の力 ・読者プレゼントクロスワードパズル

入会のご案内