オンラインマガジン 2016年2月 Vol.507

2016年2月 Vol.507

川口商工会議所 会員情報誌『move(むうぶ)』から一部を掲載しています。

特集

小規模事業者持続化補助金

―詳細はこちらからご覧くださいP4~5―

La Erba~~ラ・エルバ

マイシェフのおまかせで楽しむ 本格イタリア料理

代表 髙山 浩幸氏
川口市西川口6-5-3
TEL:048-235-2788/090-2332-0092
http://la-erba.com/
営 12:00〜15:00/18:30〜00:30 
定休日:木曜・金曜(ランチ)

知る人ぞ知る、西川口の本格イタリア料理

 済生会川口総合病院の向かい、“知る人ぞ知る”本格イタリア料理店「ラ・エルバ」はある。「客席数が限られているので、メーン道路に面しているのに“隠れ家的”とも言われるんですよね」と店主の伊藤さんは笑う。デートや特別な日のリストランテで、仲間とわいわいバル的な感覚で、仕事帰りにカウンターキッチンで一杯…客の使い方で変化するオーダーメイドが、ラ・エルバの魅力だ。

旬な食材でおまかせ料理~あなたの好みで作ります

 「当店は固定メニューが少なく、その日に仕入れた旬な食材で、お客様のお好みを伺いながら調理をしていきます」
 ラ・エルバのこだわりは、シンプルな調理の中にも客を驚かせるような隠しダネがあるところだという。イタリアやフランス産の珍しい食材を使用していたり、見た目はイタリアンなのに味はどこか和であったり、“美味しい感動”はもちろん、隠しダネが何かを考えるのも面白い。そのうえ、ジビエ料理も楽しめそうだ。
 「私は、イタリア料理店で修業をしてきたのですが、フレンチも大好きです。コース料理やアラカルト、お客様のお好みの味付けや調理法を考えながらつくるのが楽しいですね。また、深夜まで営業しているので、都内での仕事帰りにおつまみ一品とワインで食事を楽しんでいかれるお客様もいます。『本格イタリアン』ではあるものの、お客様のスタイルで利用していただけるのが嬉しいです」
 伊藤さんは川口出身で、調理専門学校では仏・伊料理を専攻し、麻布や六本木など都内のイタリア料理店で働いたそうだ。川口でも東京品質のお店ができたら…という想いを持って、7年前に同店をオープンした。西川口駅から少し歩くものの、“今日のおまかせ”を楽しみに足しげく通うリピーターも多い。

自分スタイルで“食”を楽しめる川口

 正月も束の間に過ぎ、2月はバレンタインデー、春は花見や歓送迎会など、食を通じて季節を感じられるのも日本の良い風土だろう。ラ・エルバをはじめ、シチュエーションによって自分スタイルで楽しめる店が、川口には多くある。
 「ライバル店は多いですよね。お客様が色々とまわられた中で当店を選んでいただけるように、これからも頑張っていきたいと思います」と伊藤さんは語る。


おしゃれな看板が目印

3,000円コース例、ランチは1,000円~

お酒も取り揃えています

オンラインマガジンメニューへ

その他の掲載記事

【特集】
小規模事業者持続化補助金
平成27年度川口i-mono・川口i-wazaブランド認定!
【シリーズ】・ちょこっとIT われらが常備役 法律あれこれ など

入会のご案内