オンラインマガジン 2014年6月 Vol.487

2014年6月 Vol.487

川口商工会議所 会員情報誌『move(むうぶ)』から一部を掲載しています。

WindowsXPのサポート終了に伴う対策

 2001年11月に発売されてから12年間経過したWindowsXPの延長サポートが2014年4月8日についに終了した。WindowsXPが発売された2001年にはパソコンの一般家庭への普及率が初めて50%を超え、インターネット世帯普及率は60%を超えた状態だった。
 技術の進歩がいちじるしい昨今、1年前はひと昔、2~3年前は大昔のパソコン業界にあって、10年以上現役で使い続けられた製品も珍しい。今回はそのWindowsXPサポート終了に伴う対策や様々な問題を、吉見章先生に聞いてみた。

-詳細はこちらからご覧くださいP4~6

公益社団法人 川口市シルバー人材センター

高齢者の社会参加を助け
地域社会に貢献する

理事長 山田孝雄 氏(写真左) 
専務理事兼事務局長 伊藤幸宏 氏(写真右)
〒333-0845 
川口市上青木西1-20-3
TEL: 048-256-1150
FAX: 048-251-4910
http://www.kawaguchi-silver.jp/
mail: info@kawaguchi-silver.jp
社会参加や健康増進を 目的とする会員も多い

 シルバー人材センターとは、臨時的・短期的な就業を希望する60才以上の高齢者に、働く機会を提供する公益法人のこと。今回は、平成24年度に8億円以上もの契約を獲得した川口市シルバー人材センターを訪問した。
 「埼玉県内ではシルバー人材センターが約60あり、それぞれ独立した運営を行っています。当センターは県内でも規模が大きく、1981(昭和56)年10月の設立以来、延べ8400人以上の会員が登録し、現在も2200人を超える会員が登録しております」(山田氏)
 「会員さんの中では、働くことで社会に参加している実感や生きがいを得たいという方が多いです。その他、体を動かすため、規則正しい生活を送るため、といった健康の増進を目的とする方もいらっしゃいます。実際に元気な会員が多いですし、センターの活動が医療費の削減に貢献していると言われております」(伊藤氏)
 「就業機会を提供し、高齢者がイキイキ生活できるようサポートすることで、地域社会に貢献する。これが当センターの重要な意義なんです」(山田氏)

清掃や駐輪場の管理から ふすまの張り替えまで

  同センターが請け負い、会員に紹介するのは「高齢者にふさわしい安全で軽易な仕事。この条件に当てはまるもの全てが業務の対象になるため、その業務内容は極めて幅広い。
 「仕事の中で、もっとも多いのは清掃です。次いで軽作業、駐輪・駐車場の管理と続きます。その他、伝票整理や毛筆のあて名書き、ふすまの張り替え、除草など、実にさまざまな業務があります」(山田氏)
 「現役時代の経験を活かしている方もいらっしゃいます。たとえば、かつての貿易商社マンがセンター主催の英会話教室の講師になったり、元教師が小学生向けの学習教室で教えたり。一方、まったく新しい技能を身に着けて、ひっぱりだこになっている方もいらっしゃいます。当センターでは清掃、書道、剪定、自転車のメンテナンスなど、色々な研修会を開催しているので、意欲さえあれば新しいことが学べます。ちなみに、研修会で教えるのも会員です」(伊藤氏)

96%もの発注者が 今後も利用したいと回答

 こうした施策の成果もあって、発注者の満足度は極めて高い。平成24年、発注者406件に対して行った満足度調査によると、実に96%の発注者が「今後も利用したい」と回答した。
 「会員の皆さんは、まじめで粘り強い方が多く、丁寧に仕事をしてくれますのでリピーターも多いです。お客様の割合としては、企業や団体が8割、個人が2割。暮れの大掃除を手伝ってほしいという個人の方もいらっしゃいました」(伊藤氏)
 「プロに頼むより、ハードルが低いというのも当センターの強みかもしれません。当センターでは、危険がなく、臨時・短期の仕事は基本的に請け負っています。『こんな仕事でもやってくれるのかな?』と依頼をためらっている方も、まずはお気軽にご相談下さい」(山田氏)


センター主催の英会話教室。会員の講師が旅行で役立つ英会話などを教えてくれる

会員による放置自転車のリサイクル。完成品は発展途上国に寄付される場合もある

自転車整理を行う会員たち。業務を通じて会員同士の交流が生まれることも多い

その他の掲載記事

【特集】
WindowsXPのサポート終了に伴う対策
【シリーズ】・かわぐちナビ/Oh!店最前線・会員さんこんにちWA!など

オンラインマガジンメニューへ

入会のご案内