オンラインマガジン 2013年8月 Vol.477

2013年8月 Vol.477

川口商工会議所 会員情報誌『move(むうぶ)』から一部を掲載しています。

消費税率引き上げに向けての経過措置の対応h4>

消費税は、平成26年4月1日に8%、平成27年10月1日に10%へと2回にわたる引上げが予定されている。政府は、消費税率の引上げに伴う、中小・小規模事業者の経営に及ぼす影響を最小限に止めるため、価格転嫁対策、経過措置など、様々な措置を講じていくこととしている。
今回は、一定の要件を満たす取引については、旧税率が適用される「経過措置」の対応方法等について紹介します。
 

-詳細はこちらからご覧くださいP6~8

北海水産株式会社

冬の時代を乗り越えて
鯨料理のアンテナショップを開店

代表取締役 武内 嘉一郎 氏
川口市領家4-8-7
TEL:048-223-5161
FAX:048-223-5165




北海水産アンテナショップ
鯨食堂
営業時間:11時~15時(LO:14時30分)
定休日:水・土日(月初の土曜は営業)
住所&TELは北海水産と同じ
ひょんなことから自分の店を持つ 

 今回取り上げるのは、領家の鯨肉加工メーカー、北海水産。その社長を務める武内嘉一郎氏は、東京・麹町の商家に生まれ、小学生のときに川口市、次いで十条へ転居した。めまぐるしく環境が変わるなか、武内氏は学資を稼ぐために働きづめの毎日を送っていたという。
 「小学生のうちから、夜中までアルバイトしていましたよ。新聞配達から納豆売り、印刷屋など色々やりました。僕は長男で下に4人いましたから、そういう責任があったんです。高校を卒業して印刷工場に勤めたんですが、僕は商人の子だから、やっぱり商売がやりたくてしょうがない。4年で工場を辞めて、親父の食料品店を手伝ったんですが、来客が少なくて。コレはダメだと途方にくれていたんです」
 そんな折、武内氏はひょんなことから自分の店を持つことになる。
 「夜、用事の帰りに王子の町を通ったとき。裸電球の光に誘われて、何の縁もないつぶれたマーケット(市場)にフラっと入ってしまったんです。中では、何人かが会合をしていて、『何をやってるんですか?』と聞いたら、『つぶれたマーケットをみんなで再開しようという会議をやっている。で、お前は誰だ?』と。僕が『十条の食料品店で働いていて……』と話したら、『ここで食料品店をやってみるか?』という話になったんです」

業務を拡大するも、冬の時代に突入

 こうして武内氏は王子のマーケットに自分の食料品店を開業。この食料品店は大ヒットするが、そのあまりの盛況ぶりは、周囲の店との関係が悪化する原因にもなった。
 「みんなにひがまれちゃって。食料品店は、八百屋や魚屋といった専門店にとって商売敵でもありますから。結局、開業から1年半ほどでマーケットを離れ、鯨の卸商人になりました。なぜ鯨かというと、食料品店をやりながら、鯨の南蛮漬けを研究していたから。どうすれば色や味がよくなるか、ずいぶんと試行錯誤を繰り返したものです」
 その後、鯨肉加工の業務を拡大した武内氏は、昭和41年に北海水産株式会社を設立。昭和53年には現在地に本社工場を構えて現在に至る。しかしこの間、鯨の加工業者にとって冬の時代が続いたことを忘れてはならない。1982年、反捕鯨運動により、商業捕鯨が全面禁止になったためだ。
 「入ってくる鯨の量が減ったため、鯨の値段が上がって売れなくなりました。ウチは赤字を続けながら細々とやっていましたが、同業者はみんな潰れていきましたよ。日本の捕鯨は調査捕鯨という形で残りましたけど、商業捕鯨は今も戻っていません」

敷地内のアンテナショップが好調

 ところが近年になって、同社の経営は軌道に乗り始めたという。
 「鯨肉の輸入品が入るようになって、ようやく赤字から脱出できました。本社の敷地内に作ったアンテナショップ、『鯨食堂』の売上も大きいですね。ここでは、鯨を使った料理を提供しているんですが、この板前の腕はかなりのもの。臭みを取る技術などは『わかってるな』という感じです」
 鯨食堂を訪れたところ、ひっきりなしに来店する客、店を切り盛りする中島博子さんの気さくな人柄も相まって、店内は活気に満ちていた。料理を頂いてみると、竜田揚げやステーキは臭みがほとんどなく、食べ応えがあって満足度が高い。ヅケにした鯨肉は独特のクセがあるが、慣れると箸が止まらなくなる。その味わいは、ぜひ実際に訪れて体験してみてほしい。


鯨食堂では鯨上赤肉などの加工食品も販売

北海水産本社とその敷地内にある鯨食堂

手前から鯨ステーキ、鯨ヅケ丼、鯨龍田揚げ

その他の掲載記事

【特集】
発行総額8億円きらり川口商品券発売!
消費税率引き上げに向けての経過措置の対応
【シリーズ】・かわぐちナビ/Oh!店最前線・会員さんこんにちWA!など

オンラインマガジンメニューへ

入会のご案内