オンラインマガジン 2013年7月 Vol.476

2013年7月 Vol.476

川口商工会議所 会員情報誌『move(むうぶ)』から一部を掲載しています。

川口商工会議所 人気満了による役員、議員改選

 川口商工会議所は、任期満了(満了日=平成25年10月31日)に伴う、役員、議員の改選を行います。
役員、議員は商工会議所の運営に会員の代表として参画し、予算や決算をはじめとする重要事項の審議決定のほか、中小企業振興や税制改正などに関する意見・要望のとりまとめなどに中心的な役割を担っていきます。
この改選によって組織力の充実強化を図り、活力に満ちた地域経済社会の実現に向け、より一層積極的な活動を展開してまいります。
-詳細はこちらからご覧くださいP4~5

有限会社カイト

環境にやさしく水にも強い

ストーンペーパーの普及を目指す

取締役営業本部長 佐藤 一毅 氏
川口市幸町1-14-10

TEL:048-259-0861
FAX:048-259-0930
http://kaito-web.co.jp/

様々な利点を持つ石でできた紙

 今回紹介するのは、幸町にある企画・デザイン会社のカイト。話を聞いたのは、営業本部長を務める佐藤一毅氏だ。佐藤氏は、同社の経営者の子息ながら、銀行や飲食店、物流会社など多様な職場で経験を積んできた人物。「フットワークを軽くして自ら動く」がモットーで、その豊かな行動力と経験は、同社が新たな事業を開拓する原動力となっている。
 その彼が今、もっとも注目している商材が“ストーンペーパー” だ。
 「ストーンペーパーは、台湾の製紙会社が特許を持つ製品で、その名の通り石を使った紙。木材を使わず、石灰石とポリエチレンで作るため、森林資源の保護に効果があります。水をほとんど使わないので、水質汚染の心配もありません。製造過程でのCO2排出量も従来の約半分。そのため、CSR(企業の社会的責任)活動に力を入れている企業に採用されています」
 環境面以外の利点も多いという。
 「耐久性が高く、破れにくいうえ、水に強いので、濡れてもふき取れば元通り。保冷性が高く、匂いも通しません。こうした利点から、手提げ袋や包装紙、ポスターなど、多くのSP商材に使われています。ストーンペーパーは、環境面と商品の利点、この2つの相乗効果で、継続的な利用が期待できるんです」

可能性を感じて販売を決意する

 ストーンペーパーに実際に触ってみた。表面がツルツルとしており、水を通さないためか、指先にしっとりした感触が残るのが特徴だ。
 実は佐藤氏、このストーンペーパーに最初に出会った時は、あまりいい印象を持たなかったという。
「私がストーンペーパーを初めて知ったのは、5年前のこと。興味本位で名刺の素材に使ったんです。その時の印象は、『発色が良くないな』と思っただけで、あまり興味を持ちませんでした。しかし、昨年の8月、ストーンペーパーを使った通販カタログを目にする機会があり、以前と比べて、大幅な技術の進歩とその高級感に魅力を感じるようになりました」
 これはオンリーワンの商材になる!と確信した彼は、東京・渋谷区にある総輸入代理店、リカインドとコンタクトを取り、ストーンペーパーを使った商品企画や製品の代理販売を行うに至った。今後は、「ストーンペーパーが埼玉県の環境企業のスタンダードとなるよう、認知度を高めていきたい」と話す。

スマホケースの生産も順調

 このほか、同社では、スマートフォン(スマホ)の急速な普及を受けて、スマホ用ケースの委託生産でも業績を伸ばしている。
「スマホケースは、通常1デザイン1000個以上で受注しますが、弊社では50~100個単位から受注が可能。だから、販売店さんの在庫リスクが減らせるんです。原料のケースを中国から直接仕入れているので、コストが低いのも強みですね」
 紙媒体制作など従来の業務に加え、ストーンペーパーの販売、スマホケースの生産が加わった新生カイト。活躍の場が広まったことで、さらなる発展が期待できそうだ。

その他の掲載記事

【特集】
川口商工会議所 人気満了による役員、議員改選
【シリーズ】・かわぐちナビ/Oh!店最前線・会員さんこんにちWA!

など

オンラインマガジンメニューへ

入会のご案内