”元気”川口商品券概要

発行団体 "元気”川口商品券実行委員会
構成機関・団体 川口商工会議所、鳩ヶ谷商工会、川口市商店街連合会
後援 川口市
販売方法 事前申し込みによる予約販売とし、共通券と専用券のセット販売を行う。
@予約受付 平成30年10月5日(金)〜11月7日(水)[ハガキは当日必着]
 (1人あたり3セットを上限とし、1世帯3名分まで申込みができる。)
A 抽選 (予約販売申込みが、発行数を上回った場合実施。)
B指定販売所において購入引換ハガキ(当選ハガキ)と商品券とを引換販売。
C売れ残りが生じた場合、2次抽選を落選者の中から実施。
D2次抽選の引換後、販売状況により1次・2次抽選の落選者の中から、3次抽選を実施。
引換日時・場所 @平成30年12月1日(土)・12月9日(日)公共施設にて引換販売。
A平成30年12月4日(火)鳩ヶ谷商工会にて引換販売。
B平成30年12月5日(水)川口駅前市民ホール「フレンディア」にて引換販売。
C2次抽選の場合:2次当選者には12月12日頃購入引換ハガキを発送し、12月24日(月・祝)から12月27日(木)まで川口商工会議所・鳩ヶ谷商工会にて引換販売。
D3次抽選の場合:一定期間中、川口商工会議所にて引換販売。
有効期間 平成30年12月1日(土)〜平成31年3月31日(日)
(有効期間を過ぎた場合は、無効)
発行総額 11億5千万円 (プレミアム分1億5千万円含む。プレミアム率:共通券10%、専用券20%)市単独補助
発行券 1セット20,000円(共通券1冊と専用券1冊との2冊1セット)5万セット。
額面500円の商品券が、共通券1冊22枚(10%)綴り、専用券1冊24枚(20%)綴りの上乗せ方式
専用券は、大型店で使用できない。
但し、大型店(SC)の専門店(モール)では使用可。
発行冊数 10万冊(共通券5万冊、専用券5万冊)
商品券の
当選引換販売所
【公共施設】川口市役所本庁舎、鳩ヶ谷庁舎、芝支所、戸塚支所
【商工団体】川口商工会議所、鳩ヶ谷商工会
※引換時間(午前10時〜午後5時) 
購入限度額 1人あたり6万円
利用限度額 1人あたり6万9千円(プレミアム分を含む)
購入対象者 どなたでも購入できます。
購入方法 事前申込による応募、抽選
加盟店の表示 「 "元気”川口商品券加盟店」ポスター・のぼり又はステッカーを掲示。
加盟店資格 川口市内の店舗
加盟店申込方法 加盟希望店は商品券取扱申請書を、川口商工会議所又は鳩ヶ谷商工会へ提出。
加盟店参加費 @川口商工会議所会員、鳩ヶ谷商工会会員、川口市商店街連合会会員(いずれも大型店含む)は無料
A上記@以外は,個人10,000円、法人20,000円
事務手数料 大型店及び大型店内モール店舗は、換金額の2%を事務手数料として納入する。(平成31年5月下旬請求予定)
釣り銭 支払しない。
商品券が利用
できる商品等
加盟店の取扱う商品等。
ただし、次のものには商品券は利用できません。
(1)換金性の高いもの(商品券、ビール券、図書券、切手、
   印紙、プリペイドカードなど)
(2)土地および家屋の購入代金
(3)「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」
   第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業に係るもの
(4)「たばこ事業法」第36条第1項に規定するたばこの小売販売
(5)国や地方公共団体への支払い
(6)加盟店が取扱いを不可とした商品
(7)その他、法律で商品券による購入が禁じられている商品
換金期限 平成31年4月26日(金)
取扱金融機関 埼玉りそな銀行、武蔵野銀行、きらぼし銀行、足利銀行、川口信用金庫、青木信用金庫、城北信用金庫、瀧野川信用金庫、巣鴨信用金庫、埼玉縣信用金庫、東京信用金庫、さいたま農業協同組合(JAさいたま)各12行の市内本支店等
金融機関手数料 1枚につき5円
市民への周知 広報かわぐち10月号
市掲示板・公共施設へのポスターの掲出、市ホームページ
商工会議所MOVE10月号
大型スクリーンによる告知
商工会だより
各種広報媒体での告知