ものづくり都市・川口の伝統と信頼の証 川口i-mono(いいもの)・i-waza(いいわざ) ブランド認定制度

KAWAGUCHI i-mono(かわぐちいいもの)川口市内の事務所で製造した優れた特徴のある製品・部品

コンセプト

KAWAGUCHI i-mono(かわぐちいいもの)川口市内の事務所で製造した優れた特徴のある製品・部品
暮らしにまつわるいいもの
ホビー・ファッション・生活用品

osoro®
川口柄物語(竹の手ぬぐい)

株式会社シバサキマテリアル

天然の竹繊維(バンブーリネン)を使用した、オリジナル生地の手ぬぐい。
竹には脱臭効果や抗菌作用があり、身体に悪影響を及ぼす静電気の発生が殆どありません。また、竹は成長が早く農薬や肥料が不要な為、エネルギー負担の少ない環境に優しい素材とされています。地域愛を意識したデザイン、環境を意識した素材です。

技術紹介

  • KAWAGUCHI i-mono(かわぐちいいもの)川口市内の事務所で製造した優れた特徴のある製品・部品

    【CAD・CAM(コンピュータ横編機】
    アパレル繊維製品の企画・製造
    パリコレクションなどに参加しているデザイナーやアパレル企業へ、自社開発の糸や生地を提案。サンプルから量産まで一貫生産している。特にインディゴのニット製品に力を入れており、古き良き藍染の伝統や生活文化を感じながら、独自のインディゴ糸、インディゴ編地を多数開発している。

  • KAWAGUCHI i-mono(かわぐちいいもの)川口市内の事務所で製造した優れた特徴のある製品・部品

    【リング撚糸機】
    撚糸機やリリアン機、組紐機などを設備しており、生地に使用する糸を自社開発する。特に天然藍や合成インディゴのオリジナルニット素材(INDIGOVOICE®)は、その希少性が認められている。

  • KAWAGUCHI i-mono(かわぐちいいもの)川口市内の事務所で製造した優れた特徴のある製品・部品

    【ジャガード生地】
    川口の文字をモノグラム調に表現したニットマフラー。和紙糸とウール糸を組み合わせたハイブリット素材。清涼感と温もり感の矛盾した質感を、独特な風合いに仕上げている。

《この製品に関するお問い合わせ》

株式会社シバサキマテリアル

代表取締役:柴﨑 幸久
住所:川口市芝西2-28-6
TEL:048-266-0533
ホームページ:www.indigovoice.jp

KAWAGUCHI i-mono(かわぐちいいもの)川口市内の事務所で製造した優れた特徴のある製品・部品

【平成25年 彩の国工場認定】