No.93 2005年8月号 Vol.381

川口音頭・鋳物音頭コンクール

前の写真へ

次の写真へ

昭和30年、市制施行22周年を記念して、「川口音頭」「鋳物音頭」が制定された。写真は翌31年に、川口市・川口市教育委員会・川口商工会議所の三者共催により川口女子高校(現川口総合高校)の講堂にて開催された発表会の様子。

鋳物産業が急速に発展していく中で、街も人も活気に溢れていた当時の様子が、粋な歌詞から伝わってくる。

川口音頭(1番)

仕事すませて ひと風呂あびてよ ハ サットナ
 みんな踊ろうよ 川口音頭
 ハァーそろう手ぶりのゝしなのよさ
 サテ いものの川口 おらがまち
 ソレ 手拍子そろえて みな踊ろ

鋳物音頭(1番)

誰が言ったか 聞かせたか ソレ
 鋳物川口 日本一
  トコチャラリコまったくだ
 そうだそうとも 昔も今も ヨイショ
 尽きぬ栄誉の 華が咲く ホントダネ

*いずれも加藤雅夫、島倉千代子の唄であった。

写真:川口商工会議所 文:「川口大百科事典」より一部抜粋 昭和31年

No.01 ~ No.10 No.11 ~ No.20 No.21 ~No.30 No.31~ No.40
No.41 ~ No.50 No.51 ~ No.60 No.61 ~ No.70 No.71 ~No.80
No.81 ~ No.90 No.91 ~No.100 No.101~No.110 No.111~No.120
No.121~No.130 No.131~No.140    

入会のご案内