No.40 2000年9月号 Vol.322

伊藤愃六工場川口駅前支店の広告塔

前の写真へ

次の写真へ

川口駅東口前には、鋳物製品を扱う店舗が軒を並べていた。その中でも伊藤愃六工場は高さが30メートルもある広告塔を設置し、「鋳物の町・川口」のシンボルにもなっていた。

元郷の工場で製造した「籾殻カマド」や「愃六ストーブ」などを駅前支店で販売、全国から顧客を集めていた。

広告塔は大正10年に設置され、関東大震災、戦時中の銑材の供出を免れ、昭和42年まで設置されていた。

写真提供:伊藤愃六氏  昭和10年ころ

No.01 ~ No.10 No.11 ~ No.20 No.21 ~No.30 No.31~ No.40
No.41 ~ No.50 No.51 ~ No.60 No.61 ~ No.70 No.71 ~No.80
No.81 ~ No.90 No.91 ~No.100 No.101~No.110 No.111~No.120
No.121~No.130 No.131~No.140    

入会のご案内