No.26 1999年7月号 Vol.308

元郷町の増田増太郎鋳造所(現・増増工業(株))

前の写真へ

次の写真へ

洋館建ての建物は住まいの一部。中は欅の一枚板が使われるなど純和風の作りになっていて、今も使われている。

手前の川(芝川)と建物との間には、まだ道路はなく、土手には鋳造作業に使われる型枠などが置かれている。

「現在、また少しずつ綺麗になってきている芝川ですが、当時はとても水が澄んでいて、仙元橋から飛び込み泳ぎました。ハゼもいて真赤な蟹が庭の方まで上がってきたりと。土手にノロや残土を置いておくと馬力屋(ばりきや)さんが持っていってくれたり、磁石で金属だけを拾いに来る人も居ましたね(増田氏)

写真提供:増田栄一郎氏 昭和10年ころ

No.01 ~ No.10 No.11 ~ No.20 No.21 ~No.30 No.31~ No.40
No.41 ~ No.50 No.51 ~ No.60 No.61 ~ No.70 No.71 ~No.80
No.81 ~ No.90 No.91 ~No.100 No.101~No.110 No.111~No.120
No.121~No.130 No.131~No.140    

入会のご案内