No.18 1998年11月号 Vol.300

川口駅東口前にあった物産陳列館

前の写真へ

次の写真へ

川口鋳物業者の本格的な組織は、明治38年に設立された「川口鋳物業組合」。その後、同組合は、大正3年に「川口鋳物同業組合」、戦後現在の「川口鋳物工業協同組合」へと改組、その歴史は、90余年に及ぶ。

写真は、現在川口駅東口前にある川口産業会館の地に、組合事務所と併設されていた「物産陳列館」。同館では、組合員の鋳物製品をPRするほか、全国鋳物展覧会なども開催された。

写真提供:川口鋳物工業協同組合 昭和10年ころ

No.01 ~ No.10 No.11 ~ No.20 No.21 ~No.30 No.31~ No.40
No.41 ~ No.50 No.51 ~ No.60 No.61 ~ No.70 No.71 ~No.80
No.81 ~ No.90 No.91 ~No.100 No.101~No.110 No.111~No.120
No.121~No.130 No.131~No.140    

入会のご案内