About Us

川口『竹×技』魅力発信プロジェクトについて

ものづくりの街・伝統と技術力を活かして

埼玉県南部に位置する川口市には200年以上の和竿づくりの伝統があります。芝川流域に自生する良質の布袋竹(ホテイチク)があり、それを素材とした釣竿づくりが始まり、江戸・東京という大消費地を得て発展してきました。
その技は、昭和53(1978)年に埼玉県伝統工芸品に指定され、さらに平成3(1991)年に国の伝統工芸品として指定を受けました。

現在では伝統の竹釣竿の技も後継者が減少しましたが、この度、竹産業の復興を目指すべく地域の職人が知恵と技を集結して、和竿から発展した新たな竹製品の開発プロジェクト川口『竹×技』魅力発信プロジェクトを立ち上げ、地域発展のためのブランド化を目指して活動しています

Read more...

Product

竹本来の素材の持つ温もりと伝統的な技法の逸品

竹ステッキ

竹の持つ柔軟性と伝統工芸の技、最新の強度化の技術を加えたステッキ

竹釣竿

釣竿職人の技と、研究機関の知恵で竹竿の良さを生かしつつ、強度を高めた竹釣竿

照明器具

伝統工芸の提灯と竿作りの技術を合わせた心地よい”あかり”の照明器具

竹箸セット

漆と蒔絵のデザインに、竹竿づくりに欠かせない”継ぎ”の技術を活かした箸セット。

開発製品へ

Takumi

竹×技に関わる匠たちをご紹介

ものづくりを支える匠たちの技

川口『竹×技』魅力発信プロジェクトには、開発する竹製品の作り手の他にも、色んな技を持つ匠たちの協力をいただいています。
匠たちのもつ技術を活かした製品開発で、より広い範囲の地域産業の発展に貢献することを目指しています。

匠の紹介へ

ものづくりを支える匠たちの技

NEWS

竹×技からのお知らせ

Contacts

ご連絡先はこちら

川口「竹・技」魅力発信プロジェクト事務局

平成26年度JAPANブランド育成支援事業

〒332-8522
川口市本町4-1-8 川口センタービル8F

TEL:048-228-2220 FAX:048-228-2221
営業時間:平日9:00~17:30

お問い合わせ 製品の問い合わせはこちら