簿記検定のご案内

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。
また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立ちます。
さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてキャリアアップを考えている方々にも必須の資格といえます。

現在、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しているほか、大学や短大の推薦入試、単位認定の基準に採用されていることなどから、年間で約70万人の方々が受験する「日商簿記」として社会的に高い信頼と評価を得ています。

1級 税理士、公認会計士などの国家資格の登竜門。
大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算並びに会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。
2級 高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得している。
財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。
相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つ。
3級 財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ。
経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。
営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。
4級 簿記入門編。
小規模小売店の経理に役立つ。
勘定科目に仕訳でき、複式簿記の仕組みを理解している。

クラス 試験科目 制限時間 合格基準
1級 商業簿記
会計学
工業簿記
原価計算
3時間 70%以上
(ただし、1科目ごとの得点は40%以上)
2級 商業簿記
工業簿記
2時間 70%以上
3級 商業簿記 2時間
4級 商業簿記 1時間30分

合格者の特典

1級 税理士試験の受験資格が与えられます。
職業能力開発促進法の指導員資格試験で、事務科の試験科目の一部が免除されます。
大学の推薦入学に有利です。
2級・3級 大学の推薦入学に有利です。

その他

大学・短大の入学基準・優遇となる検定(簿記)

検定試験概要の詳細については日本商工会議所のHPをご覧ください。

試験日程・申込みはこちらから

お申込み・お問い合わせは平日のみ(土・日・祝日を除く午前9:00~午後5:30)の受付となりますので、
ご了承ください。

お問い合わせ:川口商工会議所 TEL:048-228-2220

入会のご案内