ものづくり都市・川口の伝統と信頼の証 川口i-mno(いいもの)・i-waza(いいわざ) ブランド認定制度

ものづくり都市・川口の伝統と信頼の証

 川口市は、首都東京と隣接する利便性を活かしながら、鋳物・機械・部品・金属・精密加工等の「ものづくり産業」が集積し発展して参りました。
 現在は、商業・農業・メディアなど幅広い産業も躍進する「新産業文化都市」となっております。  その中で、産業の基幹である製造業につきましては、高い技術力やノウハウを生かした優れた製品が多く、世界的なシェアを占めている製品もございます。  
 本商工会議所は、「中小企業のものづくり産業」の集積する本市において、その価値を高め地域の活性化を図るため、平成21年度から高い技術力やノウハウを生かした優れた製品を認定する「川口i-mono(いいもの)ブランド認定制度」を実施し、さらに平成26年度には、優れた製品を産み出すための高い技術や技能を認定する「川口i-waza(いいわざ)ブランド認定制度」を創設しました。平成28年度におきましては、新たに6つの製品と4つの技術を認定し、さらなる制度の充実を図っております。
 また、本商工会議所は平成28年11月に80周年を迎えました。これもひとえにみなさまのご支援ご協力の賜物と感謝いたしております。これからも産業界・行政機関等と連携し、認定製品・技術の魅力について広く発信するとともに、本制度の知名度と信頼を高め、販路開拓・拡大支援とブランド力の向上に努めて参ります。
 今後とも皆様方のご支援ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

川口商工会議所 会頭 児玉洋介


世界に誇る「川口ブランド」

 本市は、多様な中小企業が集積する「ものづくりのまち」として、我が国の製造業の根幹を支える日本有数の産業都市として発展を続けております。平成21年度から川口商工会議所が認定している優れた製品や技術は、市内中小企業の持つ歴史と伝統の結晶であり、「川口の元気」の源として、今もなお本市の発展を支える原動力となっています。
 本市では優れた製品のPRと地域経済の活性化、地産地消を推進し、更なる発展を遂げるために、川口市産品フェアを開催しております。2回目となる今年度は市内外から約5万3千人もの方にご来場いただき、世界に誇る「川口i-monoブランド」、「川口i-wazaブランド」の製品や技術をはじめとする多くの市産品をご覧いただきました。
 今後も川口商工会議所及び中小企業の皆様と連携して、世界に誇れる川口の製品や技術を積極的にPRし、国内に限らず海外へ販路を拡大するなど、本市の魅力の発信と経済の活性化に向け全力で取り組んで参りますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

川口市長 奥ノ木信夫