貿易関係/原産地証明等

貿易業務をしたことのある人なら、原産地証明・各種インボイス証明・サイン証明等の証明を一度は受けたことがあるのでは・・・?

原産地証明等各種証明は、各国領事手続き・貿易決済のための銀行への信用状とりつけ・通関の手続き等必要となる場合があります。

  • 各地の商工会議所は、海外との取引の窓口になるとともに、海外でのステイタスを保証しています。
  • 原産地証明等の書類の発給の流れは、次のとおりです。
事前登録 申請業者の署名届・業態届・誓約書の提出(※貿易登録資料はこちら)
1 申請 申請書類(証明部数+1部)を必要とする(※原産地証明書用入力フォーマットはこちら)
2 受付・内容照合 (関係書類との照合)
商工会議所サイナーが署名
3 発給・交付

各種証明書の発給手数料(各一件につき・税込)

種別 会員 非会員
1.証明
原産地等貿易関係証明
1,080円 3,240円
2.登録
貿易関係証明申請業者台帳登録
会員・非会員ともに2年毎に更新必須です
無料 16,200円

登録に関して、商工会地区の会員事業所は、当該商工会長の会員証明書を川口商工会議所に提出していただきます。

商工会議所と貿易証明

貿易に関する各種証明は、取引先国の国内法又は国際的商慣習に基づき、一定の公的機関又は公的性格を有する機関がこれを公証しなければならないとされています。そのため、原産地証明の発給については、わが国商工会議所は、「1923年11月3日にジュネーヴで署名された税関手続の簡易化に関する条約」(ジュネーヴ条約)及び商工会議所法に基づいてその証明権限を与えられています。

入会のご案内